慶應大学 暮らす 湘南台

湘南台がより便利に! 相鉄線都心部直通&新駅! 

こんにちは!アパマンショップ湘南台店です!

今回は湘南台駅がますます生活しやすくなるであろう、「相鉄・東急直通線」と「いずみの線の延線計画」についてお話します!

JRとの直通が開通してからより便利になった相鉄線ですがさらに路線の拡大へと動いているようです!(^^)!

2019年に相鉄・JR直通線が開業し、新宿や渋谷まで乗り換えなしで行き来できるようになり、

2023年3月には相鉄・東急直通線が開業し日吉や目黒とのアクセスがグンと良くなる予定です♪

さらに、2030年までに相鉄いずみ野線の湘南台駅から慶応義塾大学のキャンパスがある藤沢市遠藤間に2駅新設することが発表されています!

それでは、直通線の開通や駅の新設によってなにが変わるのかご紹介していきます!

2023年 相鉄・東急直通線

相鉄・東急直通線は羽沢横浜国大駅から新横浜駅を経由し、東横線・目黒線日吉駅にと繋がる路線です!

もともと相鉄いずみ野線の始発駅である湘南台駅から日吉駅までは途中(二俣川駅と)横浜駅での乗り換えが必要ですが、

横浜駅での乗り換えが不要になり、乗車時間は16分短縮されます(゜o゜)

東急東横線・目黒線と接続することにより、東京メトロ南北線・副都心線・都営三田線、埼玉高速埼玉スタジアム線、東部東上線とも直通運行を行い、交通の利便性がかなりUPします♪

通勤・通学時の乗り換え回数、乗車時間ともに楽になることが期待できますね(^^♪

湘南台駅には社会人だけでなく大学が周辺に多いことから学生さんも多く住まわれていますが、

直通先の日吉駅には慶應義塾大学日吉キャンパスがあるので、藤沢湘南キャンパスとの行き来が簡単に出来るようになります!

キャンパス間の移動が簡単になるので、サークル活動や学部移動、授業の履修など活動範囲を広げて行動が出来るようになります!

相鉄いずみ野線 延線計画

相鉄いずみ野線は神奈川県横浜市旭区の二俣川駅と神奈川県藤沢市の湘南台駅の間を結ぶ路線のことをいいます♪

「相鉄いずみ野線 延線計画」とは、東海道新幹線と相鉄線を繋げる計画のことで、神奈川県の中央部分と横浜・都心とのアクセス向上を目的としています!

その途中段階として、相鉄線沿線に二ヶ所の新駅をつくる事になりました!

湘南台駅を利用する人にとっては、とても便利な場所に計画されています♪

場所は湘南台駅からその先の神奈川県藤沢市石川と、神奈川県藤沢市遠藤の二ヶ所です!

もともと藤沢市石川、遠藤のエリアはバス圏のため車もしくはバスのみの移動となっています。

新駅ができる石川は大きなイトーヨーカドーがあり、遠藤は慶應義塾大学SFCや、大学病院(湘南慶育病院)があるので

お買い物や通学、通院等の日常生活の移動がとても便利になります(^^)/

SFCの学生さんは、雨の日にバスに並ぶ必要がなくなります♪

新駅ができるころ、すでに日吉までの東急直通線が開業しているので、慶應の湘南藤沢キャンパス・日吉キャンパス・三田キャンパスの動線が繋がり、より移動が簡単になります✨

もともと湘南台駅は3路線利用できることや生活の利便性の面から人気の高い駅ですが、相鉄・東急直通線といずみ野線延線によってますます住みやすい街になります☺

湘南台駅周辺の引越しを視野に入れている方、お気軽にアパマンショップ湘南台店までお問い合わせください♪

おすすめ記事